Gmailを独自ドメインで使う

Gmail(提供:Google)は、大容量のメールボックスと高性能なspamフィルターを無料で提供する大変魅力的なサービスです。Gmailを独自ドメインで利用する方法をQ&A方式でご説明します。
当社はGoogle社、Gmailとはなんの提携関係もございません。このページでは、非常にご質問の多い、スタンダードコースの無料メール転送サービスとGmailとの併用について、FAQのひとつとしてご案内しております。

 Gmailを利用するメリットはなんですか?

巨大な容量を誇るメールボックスを無料で使えるということが最大の魅力ですが、極めて高性能なspamフィルターが搭載されていることも見逃せません。このフィルターは、Gmailを転送設定にして使った場合も機能しますので、Gmailのアカウントを利用して、GmailのspamフィルターをWEB上のフリーアプリのように使うこともできます。

 spamフィルターによって重要なメールが喪失する危険性はありませんか?

Gmailのspamフィルターは、spamを削除するのではなく、横にどける(spam専用フォルダに振り分ける)だけです。ときどきspamフォルダに重要なメールが紛れ込んでいないかどうかチェックしてください。また、「連絡先」というリスト(Gmail内のアドレス帳)に登録されたアドレスから送られてきたメールは無条件で受信フォルダに送られます(ホワイトリスト機能)。大切な取引先やご友人などのアドレスは、「連絡先」に登録してください。

 そんな面倒なことをせずとも、Windows Mailなどのspam除去機能を使えばいいのでは?

メールソフトや常駐型セキュリティソフトについているspamフィルタは、メールサーバーからメールをすべて受信した後にspamとおぼしきメールを専用フォルダに振り分けるというもので、メールを受信してしまうことに変わりはありません。無駄な通信時間やHDDの容量圧迫につながります。大量のspamに対応するには、Gmailのように、サーバー側にspamフィルタを設置する方法しかありません。

 GmailはWEB上からでしか使えないのですか? メールソフトで普通に送受信できませんか?

GmailはWEBメールとして使う以外に、SSL(セキュア接続)対応しているメールソフトで送受信可能です。秀丸メール、有料版EdMax、AlMail、Becky!、nPOP、OutlookExpress、Outlook、Windows Mail、Thunderbirdなど、現在よく使われているメールソフトの多くがSSLに対応しています。

 Gmailのアドレス(xxx@gmail.com)をそのまま使ってはいけないのですか?

それが基本的な使い方ですが、GmailもHotmailやYahoo!メールなどと同じ「フリーメールアドレス」ですから、Gmailのアドレスから送られてくるメールを受信拒否するという設定をしている企業や個人もたくさん存在します。
実際、某IT系出版社では、一般読者からのサポート担当アドレス宛以外、すべての社内メールアドレスで、Hotmail、Yahoo!MAIL、Gmailなど、フリーメールアドレスからの受信は一切拒否設定にしています。「仕事用のメールがフリーメールアドレスから来るはずがない」という判断からそうしているわけです。
フリーメールアドレスは社会的にはそうした認識をされているのが現状です。
また、Gmailの「素のアドレス」がspam業者に流出した場合、おおもとのGmailアカウントを閉鎖する以外、spamから逃れることができなくなってしまいます。そこで、Gmailの素のアドレス(xxx@gmail.com)は表に出さず、他のアドレスを表に出し、そこからGmailに転送して使うのが賢い方法です。これなら、使っているアドレスがspam業者に流出してspamが殺到するようになった場合も、そのアドレスだけを切り捨て、おおもとのGmailアカウントに転送するアドレスを新たに設定するだけで、Gmailアカウントそのものは変更せずに利用し続けることができます。
さらには、Gmailのメールアドレスは、Googleの他のサービス(YouTubeやファイル共有サービスなどなど)を利用するためのIDとしても機能しますので、自分のログインIDを他人に教えているのと同じことになり、セキュリティ上問題があります。Gmailのアドレスを隠して、そこへ転送させるアドレスを表に出すというのが賢い使い方です。

 Gmailの素のアドレスを表に出さないというのは、具体的にどうするのですか?

独自ドメイン(例えば sampledomain.com)取得後、xxx@sampledomain.com 宛のメールをGmailのアカウント(xxx@gmail.com)に転送し、メールはGmail側で受信します。
送信は、利用しているプロバイダのSMTPサーバー、あるいはGmailのSMTPサーバーを使って送信します。
最近は、自社ドメイン以外のアドレスをFromに記述したメールを送信拒否するプロバイダも出てきましたので、その場合はGmailのSMTPを使う方法を試してみてください(後述)。

 GmailのPOP(受信用)サーバー、SMTP(送信用)サーバーを使う際の注意点はなんですか?

GmailはWEBメールとしての使い方が基本で、POPとSMTPを使うためにはSSL接続に対応したメールソフトが必要です。秀丸メール、Becky!など、ほとんどのメールソフトは現在SSL接続に対応しています。メールソフトとしてはお勧めしませんが、Outlook ExpressやWindows MailもSSL接続に対応しています。フリーのメールソフトでは、nPOPがSSL接続のためのDLLを配布しており、これを同じフォルダに置くだけでSSL接続が可能になります。SSL接続の場合、メールソフト側の設定で、SMTPサーバーのポート番号を465(デフォルトは25になっています)、POPサーバーのポート番号を995(デフォルトは110になっています)に変更し、「SSL接続」を有効にする必要があります。設定方法はメールソフトによって違います。
OutlookExpressを例にとった設定方法ガイドは、ここここにあります。
以上はWindowsのメールソフトの設定で、Macでは一部違ってくることがあります。
iPhoneやiPod touch、iPadなどでは、最初からOSにGmail用のアカウント設定が用意されていますので、Port番号などは気にせず、簡単に設定できます。

 Gmailから xxx@独自ドメイン というアドレスで送信できますか?

Gmailでは基本の xxx@gmail.com というメールアドレス以外のアドレスをFromに記述するためには、設定が必要です。詳しくはこちらをご参照ください。
概略は以下の通りです。
手順1:使いたい独自ドメインのアドレス xxx@sampledomain.com ⇒ 直接受け取れるメールアドレス(Gmail以外のアドレス。例えばyyy@provider.com)に転送設定
手順2:Gmailのアカウントを取得し、Gmail側の設定で、xxx@sampledomain.com を送信者アドレスとして使えるように設定
手順3:xxx@sampledomain.com を送信者アドレスとして使える確認メールを転送先のyyy@provider.com側で受信。Gmailへの送信アドレス追加確認手続きを完了させる
手順4:xxx@sampledomain.com の転送先を、yyy@provider.com から、改めてGmailのアドレス xxx@gmail.com に変更
これで、晴れてGmailのSMTPサーバーを使って xxx@sampledomain.com という送信者アドレスを表示したメールが送信できるようになります。詳しくはこちらをご参照ください。

ただし、送信者アドレスがnoreply扱い(返信不可能なアドレス)なため、確認メールをspamとみなして転送を拒否する転送システムもあります(かつてはスタンダードコースの転送システムではGmailの確認メールが受け取れませんでした)。また、現在(2009年11月時点)は、上記の方法でスタンダードコースの無料転送でもGmailの送信者アドレス確認ができますが、将来、転送システム側、あるいはGmail側で仕様変更をして、これが行えなくなることもありえます。その点をあらかじめご承知おきください。

   GmailをWEBメールではなく、一般のメールソフトで受信する方法は、こちら
   Gmailの送信サーバーを使って、Gmail以外のアドレスをFrom(送信者アドレス欄)に表示させたメールを送信する方法は、こちら

もうひとつの方法としては、「Googleアプリ独自ドメイン向け」サービスを申し込むことです。
詳しくは、Googleのサイトをご参照ください。

 Google Apps(Gmailアプリ独自ドメイン向けサービス)を利用するにはどうすればいいですか?

Gmailの独自ドメイン向けサービス(Google Apps)をお申し込みになった場合、スタンダードコースの無料DNS機能を使って、Googleの指示の通り、指定された文字列をホスト名にしたCNAME指定とMXレコードを設定してください。
詳しくは、「無料レンタルDNS機能の使い方」こちら をご参照ください。
Google AppsのMX設定例
上記設定はGoogle Apps利用のためのMXレコード設定例で、2007年5月末時点のものです。Google側により随時変更されることがあります。
詳しくはGoogleの案内に従ってください。  こちら

   スタンダードコースの無料レンタルDNSの使い方はこちら

 すでにPOP3メールボックスを契約しています。Gmailをフィルターとして使えますか?

当社のPOP3オプションをご利用のかたは、こちらの設定ガイドをご参照の上、POP3メールボックスを設定変更してください。



Gmailのメールをメールソフトで受信する方法へ

●「ドメインゲット・コム」TOPページに戻る